紫外線とシワ


紫外線とシワの関係

顔の皮膚が表情によって引っ張られたり、収縮したりしても、元のきめ細かい肌に形を戻るのは、真皮層で弾力繊維がゴムのような弾力を持って、膠原繊維が組織の形を保つ働きをしているからです。

こうした繊維は、ただあればいいというわけではなく、規則正しい配列をしることが重要と考えられています。繊維を産出するのは繊維芽細胞という細胞で、膠原繊維、弾力繊維、ヒラルロン酸といった、ふっくらした張りのある肌に必要なものを作り出しています。紫外線のダメージを受けた肌では、弾力繊維成分は増えますが、増えた繊維は縮れた繊維にしかならないのでハリが失われてシワが出来てしまうというわけなのです。

スポンサード リンク

紫外線とシワの関係

紫外線の中でも特にUVAは、真皮層にまで達して弾性繊維にダメージを与えて、肌のハリ失わせる主役です。ハリを失うと、シワやたるみが出来てしまいます。

シワの仕組みと対策 <<
スポンサード リンク
  [他カテゴリのオススメ記事]
オドレミン
ダイヤモンドピーリング
クリスタルピーリング
ピーリングジェル
大人のにきび
陥没乳頭(陥没乳首)
女性ホルモンと乳房
ワイルドヤム
コラーゲン注入・注射
老化とは?

Copyright (C) 2005 口コミ広場 All Rights Reserved.